誕生日データベース

小泉純一郎こいずみじゅんいちろう

政治家内閣総理大臣[日本]

1942年 1月8日

小泉純一郎 - ウィキペディアより引用

小泉 純一郎(こいずみ じゅんいちろう、1942年〈昭和17年〉1月8日 - )は、日本の政治家。
衆議院議員(12期)、厚生大臣(第69・70・81代)、郵政大臣(第55代)、内閣総理大臣(第87・88・89代)、外務大臣(第132代)、農林水産大臣(第38代)、自由民主党総裁(第20代)などを歴任した。
福田赳夫の秘書を経て、1972年の第33回衆議院議員総選挙で初当選し、以来12期連続当選。
自由民主党では清和会(福田派、安倍派、三塚派、森派)に所属した。
また、山崎拓や加藤紘一と「YKK」を結成し、経世会支配からの脱却や党の世代交代を訴え「グループ・新世紀」を旗揚げした。
竹下政権にて厚生大臣として初入閣、宇野政権、橋本政権でも厚生大臣を務め、宮澤政権では郵政大臣を務めた。
森喜朗の後任として自由民主党総裁に選出され、2001年(平成13年)4月に内閣総理大臣に就任した。
内閣総理大臣の在任期間は1980日で、第二次世界大戦後の内閣総理大臣としては佐藤栄作、吉田茂に次ぐ第3位。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

こいずみじゅんいちろう [生]1942.1.8.神奈川,横須賀政治家。内閣総理大臣(首相。在任2001~06)。祖父(→小泉又次郎),父ともに代議士。1967年慶應義塾大学経済学部卒業。1969年自由民主党から衆議院議員総選挙に立候補したが落選。福田赳夫の秘書を経て1972年初当選し,以来当選を重ねる。1988年竹下登内閣の厚生大臣,1992年宮沢喜一内閣の郵政大臣,1996年第2次橋本龍太郎内閣の厚生大臣を務める。1998年三塚派から森派となり,同派会長として2000年首相となった森喜朗を支えた。2001年4月,1995,1998年に続き3度目の立候補となる自民党総裁選挙で橋本龍太郎など他候補を抑えて総裁に選出され,第87代,56人目の首相に就任。混迷する政治,経済の立て直しを期待されて就任直後の総選挙にも圧勝,国民の支持率は一時80%をこえた。2002年9月,日本の首相として初めて朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を訪問し,北朝鮮に拉致された5人の帰国を実現。経済再生に向けては「構造改革」を掲げ,2005年9月の総選挙で郵政3事業の民営化の是非を有権者に問うて歴史的な圧勝を収めた。約5年5ヵ月にわたって首相を務め,2006年に退任した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 内閣
  • 大臣
  • 総理
  • 衆議院
  • 議員
  • 小泉
  • 小泉内閣
  • 初当選
  • 加藤
  • 厚生
  • 学生
  • 挑戦
  • 改造
  • 旋風
  • 時代
  • 概要
  • 福田赳夫
  • 秘書
  • 結婚
  • 総裁
  • 総裁選
  • 自由民主党
  • 郵政
  • 離婚
  • 劇場
  • 厚生省
  • 宇野
  • 宮澤
  • 橋本
  • 歴代
  • 歴任
  • 竹下