誕生日データベース

吉川壽一よしかわじゅいち

書家[日本]

1943年 1月7日

吉川 壽一(よしかわ じゅいち、1943年1月7日 - )は、福井県福井市出身の書家。
福井県立藤島高等学校卒業。
上田桑鳩・宇野雪村・稲村雲洞・川崎一照各氏に師事。
1964年「奎星賞」受賞後、毎日書道展グランプリ、福井市民文化賞、毎日書道顕彰など多くの賞を受賞。
「SHO家」、「SHO Artist」として国内、海外で精力的に活動し、エルメス社のスカーフのSHO作品を制作するなどその活動範囲はひじょうに広い。
1964年第一回個展「寿一墨象展」を手始めに、中国北京「百福萬福書法展」、パリ「SHO吉川寿一PARIS展」、東京・NHK放送センター「平成独楽吟大書法展」、「寿一SHOワールド」パリなど開催。
中国・北京の天安門や東尋坊(坂井市)、ドバイの砂漠にて書を書くなど、スケールの大きい行動力と企画力で個展とパフォーマンスを繰り広げ、多彩な表現活動を精力的に続けている。
講談社発行のMANGA「モーニング誌」にSHOあっ晴れ連載、単行本となる。
「バカボンド」「ジパング」「カバチタレ」「柴王」「アフタヌーン」「軍鶏」などタイトルを書き続けている。

■ 関連書籍

「吉川壽一」と関連する人物

連想語句
  • 北京
  • 寿一
  • 活動
  • 福井
  • アフタヌーン
  • カバチタレ
  • ジパング
  • ドバイ
  • バカボンド
  • パリ
  • モーニング
  • 上田桑鳩
  • 中国
  • 個展
  • 受賞
  • 坂井市
  • 天安門
  • 学校
  • 宇野
  • 書法
  • 書道
  • 月刊
  • 東尋坊
  • 毎日
  • 漫画
  • 県立
  • 砂漠
  • 藤島
  • 軍鶏
  • 雪村
  • 高等
  • エルメス
  • グランプリ
  • スカーフ
  • スケール
  • センター
  • タイトル
  • パフォーマンス
  • ロゴ
  • ワールド
  • 一照
  • 中華
  • 人民
  • 以後
  • 企画力
  • 作品
  • 共和国
  • 制作
  • 卒業
  • 単行本
  • 吉川
  • 吟大
  • 国内
  • 墨象
  • 多く
  • 多彩
  • 川崎
  • 市民
  • 師事
  • 平成
  • 手始め
  • 放送
  • 文化
  • 晴れ
  • 東京
  • 海外
  • 独楽
  • 発行
  • 百福
  • 稲村
  • 範囲
  • 萬福
  • 行動力
  • 表現
  • 講談社
  • 連載
  • 開催
  • 雑誌
  • 雲洞
  • 顕彰