誕生日データベース

谷内正太郎やちしょうたろう

外交官、国家安全保障局長[日本]

1944年 1月6日

谷内正太郎 - ウィキペディアより引用
谷内 正太郎(やち しょうたろう、1944年(昭和19年)1月6日 - )は、日本の外交官。
国家安全保障局長、内閣特別顧問。
外務事務次官、政府代表、内閣官房参与を歴任。
石川県生まれ、富山県育ち。
貧しい環境で苦労して育つ。
大学時代は若泉敬主宰の研究会に参加し、研鑽を積む。
学者を目指して大学院に進学するものの、指導教官の急死などで断念し、外交官となる。
外務事務次官としては異例の3年(在任 2005年(平成17年)1月4日 - 2008年(平成20年)1月17日)を務め、安倍内閣の外務大臣(当時)・麻生太郎の提唱した外交方針(価値観外交)の策定・実行に中心的役割を果たした。
退官後は早稲田大学、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス等で教鞭を執り、前記大学合同の授業は谷内塾と呼ばれた。
なお、東大(駒場)からは専任講師をオファーされたが教授職を希望して断った。
2012年(平成24年)に発足した第2次安倍内閣では内閣官房参与に就任した。
外務省における田中眞紀子と鈴木宗男の争いにおいては、田中眞紀子に忠実に仕えた。

■ 関連書籍

タイトル
外交の戦略と志―前外務事務次官 谷内正太郎は語る
著者
谷内正太郎
発売元
産経新聞出版
発売日
2009-04
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
連想語句
内閣外務事務外交次官代表価値観出典参与大臣安倍安全保障官房富山県平成政府日本石川県若泉敬補注顧問麻生太郎主宰会議参加国家在任外交官大学大学院学者実行局長役割急死指導提唱教官断念方針早稲田大学時代歴任環境異例研究会研鑽策定苦労退官進学

↑ PAGE TOP