生年月日データベース

竹田利秋たけだとしあき

学生野球指導者[日本]

1941年 1月5日

竹田 利秋(たけだ としあき、1941年1月5日 - )は、和歌山県出身の学生野球指導者。
和歌山県立和歌山工業高等学校→國學院大學卒業。
東北高等学校、仙台育英学園高等学校野球部監督、國學院大學硬式野球部監督を経て現在は國學院大學硬式野球部総監督。
和歌山工高3年春に三塁手として甲子園出場。
大学卒業後銀行員を勤めていたが当時東北高校野球部を指導していた同じく國學院大學野球部OBの松尾勝栄監督の後任者として招聘され東北高野球部コーチに就任。
1968年、監督に就任し同年7年ぶりに夏の甲子園出場。
これを最後に帰郷しようと考えるも、抽選会で自校を含む東北・北海道勢のチームとの対戦が決まった西日本のチームが戦わずして勝ったといわんばかりの拍手歓声を挙げて喜ぶのに対し東北・北海道勢の学校の生徒は下をうつむいている様子を見てこの状況をなんとか変えたいと思うようになり、以後、東北高を甲子園で勝てる強豪校へと育て上げる。

■ 関連書籍

アマチュア野球選手・監督。 右投右打、ポジションは外野手。 1941年1月5日生まれ。和歌山県出身。 和歌山工業高校で1959年、夏の甲子園に出場。 卒業後、国学院大学に進学。 卒業後、東北高校のコーチに就任。 1968年、東北高校の監督に就任。 1985年には佐々木主浩を擁して出場など、春夏合わせて17回甲子園に導いた。 1986年、仙台育英学園高校に移り、春夏合わせて10回、甲子園に導いた。 1989年、夏の甲子園では、大越基を擁して準優勝に輝くも、白河の関越えならず。 甲子園通算30勝27敗を記録。 1996年、國學院大学の監督を務め、2006年春のリーグ戦(東都大学野球)後の入れ替え戦で、10年来の悲願である念願の1部昇格を果たす。 高等学校・大学野球と学生野球の2ジャンルでともに実績を残した。 横浜市在住。 アマチュア野球界屈指の名監督に数えられる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 國學院大學
  • 野球
  • 仙台
  • 和歌山
  • 学校
  • 成績
  • 監督
  • 硬式
  • 出典
  • 和歌山県
  • 大言壮語
  • 学園
  • 工業高
  • 東北
  • 東北高等学校
  • 甲子園
  • 県立
  • 育英
  • 育英高
  • 高等
  • たけだ
  • としあき
  • 伝記
  • 出身
  • 利秋
  • 卒業
  • 國學院
  • 國學院大
  • 学生
  • 指導者
  • 現在
  • 竹田