誕生日データベース

マデリーン・オルブライトMadelein Albright

政治家[アメリカ]

1937年 5月15日

マデリーン・オルブライト - ウィキペディアより引用
『マデレーン・オルブライト』より : マデレーン・コルベル・オルブライト(英語: Madeleine Korbel Albright, 1937年5月15日 - )は、第64代アメリカ合衆国国務長官(1997年 - 2001年)。
アメリカ初の女性国務長官でもある。
マリー・ヤナ・コルベロヴァ(チェコ語: Marie Jana Korbelová)としてチェコスロバキアのプラハに生まれる。
出自的にはユダヤ系であるが、カトリック教徒として育てられた。
第二次世界大戦中はイギリスに避難し、ナチスの人種理論によるホロコーストを免れたが、祖父母3人を含んだ親戚多数がホロコーストで殺されている。
戦後チェコスロバキアが共産化したため、1950年にアメリカ合衆国に移住。
1959年にウェルズリー大学を卒業、ジョンズ・ホプキンス大学を経てコロンビア大学で政治学修士および博士号取得、ロシア研究所にも在籍していた。
1978年から1981年まで国家安全保障会議スタッフを務めた後、ジョージタウン大学でソ連外交を教える。
この時の教え子に日本の河野太郎衆議院議員がいる。
1993年、国連大使に就任し、ブトロス・ブトロス=ガーリ事務総長と対立しガーリの勧める国連改革を頓挫させ、最終的に辞任に追い込むなど、冷酷な一面も併せ持つ。
連想語句
  • アメリカ
  • チェコスロバキア
  • ホロコースト
  • イギリス
  • エピソード
  • カトリック
  • チェコ
  • プラハ
  • 世界
  • 合衆国
  • 国務長官
  • 大戦
  • 女性
  • 著書
  • コルベロヴァ
  • ドイツ
  • ナチス
  • マリー
  • ヤナ
  • ユダヤ
  • ユダヤ人
  • 主義
  • 人種
  • 共産
  • 出自
  • 労働者
  • 国家
  • 多数
  • 戦後
  • 教会
  • 教徒
  • 理論
  • 社会
  • 祖父母
  • 移住
  • 親戚
  • 避難