生年月日データベース

稲垣足穂いながきたるほ

作家[日本]

1900年 12月26日

1977年 10月25日 死去急性肺炎享年78歳
稲垣足穂の名言
生死などは何でもない、つまらない事柄なのだ。ただ、生きていく態度が重要なのだ。
稲垣足穂 - ウィキペディアより引用

稲垣 足穂(いながき たるほ、1900年12月26日 - 1977年10月25日)は、日本の小説家。
1920年代(大正末)から1970年代(昭和後期)にかけて、抽象志向と飛行願望、メカニズム愛好、エロティシズム、天体とオブジェなどをモチーフにした数々の作品を発表。
代表作は『一千一秒物語』、『少年愛の美学』など。
生涯 1900年、大阪市船場に歯科医の次男として生まれる。
小学生の時、祖父母のいる明石に移住し、神戸で育つ。
1914年、関西学院普通部に入学。
関西学院では今東光などと同級になる。
小さいころから、映画や飛行機などに魅了され、その経験をその後の作品に昇華させる。
在学時に同人誌『飛行画報』を創刊。
1916年、飛行家を目指し、発足したばかりの羽田の「日本飛行機学校」の第一期生に応募するが、近視のため不合格(ちなみに、この時の合格者に円谷英二がいる)となり断念。
1919年、関西学院卒業後、神戸で複葉機製作に携わり、後に再び上京。
出版社に原稿を送った後、1921年、佐藤春夫に『一千一秒物語』の原型を送付、佐藤の知遇を得て、佐藤の弟の住まいに転居。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 生涯
  • エロティシズム
  • オブジェ
  • コレクション
  • 一千一
  • 全集
  • 受賞
  • 天体
  • 小説家
  • 抽象
  • 文庫
  • 昭和
  • 注釈
  • 物語
  • 著作
  • 著書
  • 評価
  • 関連
  • メカニズム
  • モチーフ
  • 代表作
  • 作品
  • 大正
  • 大正時代
  • 少年
  • 後期
  • 志向
  • 愛好
  • 数々
  • 機械
  • 発表
  • 稲垣
  • 美学
  • 願望
  • 飛翔
  • 飛行