誕生日データベース

乃木希典のぎまれすけ

長府藩士陸軍大将、伯爵[日本]

(日露戦争時の第3軍司令官、嘉永2年11月11日生)

1849年 12月25日

1912年 9月13日 死去享年64歳
乃木希典の辞世
うつし世を 神去りましゝ 大君の みあと志たひて 我はゆくなり
乃木希典 - ウィキペディアより引用

乃木 希典(のぎ まれすけ、嘉永2年11月11日(1849年12月25日) - 1912年(大正元年)9月13日)は、日本の武士(長府藩士)、軍人、教育者。
日露戦争における旅順攻囲戦の指揮や、明治天皇の後を慕って殉死したことで国際的にも著名である。
階級は陸軍大将。
栄典は贈正二位勲一等功一級伯爵。
第10代学習院院長に任じられ、迪宮裕仁親王(昭和天皇)の教育係も務めた。
「乃木大将」や「乃木将軍」と呼ばれることも多く、「乃木神社」や「乃木坂」に名前を残している。
名前 幼名は無人(なきと)で、その後、源三と改め、頼時とも称した。
さらに後、文蔵、次いで希典と名を改めた。
また、出雲源氏佐々木氏の子孫と称したことから「源希典」との署名もよく用いた。
号としては、静堂、秀顕、石樵および石林子を用いた。
軍人として高名になった後には、「乃木大将」または「乃木将軍」と呼称される。
生涯 幼少期 嘉永2年11月11日(1849年12月25日)、長州藩の支藩である長府藩の藩士・乃木希次(馬廻、80石)と壽子(ひさこ、「壽」とする文献もある)との三男として、江戸の長府藩上屋敷(毛利甲斐守邸跡、現・東京都港区六本木)に生まれた。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    日本の歴史的演説~軍人編~
    歌手
    オムニバス
    発売元
    日本コロムビア
    発売日
    2010年12月01日
    新品価格
    ¥ 2,641 より
    中古商品
    ¥ 1,497 より
  • タイトル
    詩吟名作選
    歌手
    発売元
    EMIミュージック・ジャパン
    発売日
    1989年1月25日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    詩吟名作選
    歌手
    発売元
    EMIミュージック・ジャパン
    発売日
    1989年1月25日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    平成9年度吟詠コンク-ル課題吟「都忘れ」
    歌手
    一木湖舟
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント(株)
    発売日
    1997年2月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    吟星
    歌手
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント
    発売日
    1989年6月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    平成8年度吟詠コンクール課題
    歌手
    アサクラショウゲツ
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント
    発売日
    1996年2月01日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    桜草 平成7年度課題吟
    歌手
    ミズシマカイホウ
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント
    発売日
    1995年1月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    日本吟詠全集三
    歌手
    アベシュウフウ
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント
    発売日
    1994年8月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    日本吟詠全集(二)
    歌手
    せきかしゅう
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント(株)
    発売日
    1994年8月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    吟音会 吟詠の友 10
    歌手
    アマノトホウ
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント
    発売日
    1994年7月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

人名。日本の陸軍軍人。陸軍大将。 1849年生まれ。日露戦争において第3軍を率い、旅順攻囲戦を指揮。その際2人の息子を失う。旅順陥落後は奉天会戦に参加。 1907年(明治40年)に学習院院長に就任し、翌1908年に入学された迪宮裕仁親王(後の昭和天皇)の教育にあたる。 1912年(大正元年)9月13日、明治天皇の大葬に参列後、妻とともに自害。 軍国主義の進展とともに殉死が愛国美談となり、国家によって神格化された。 司馬遼太郎の小説をはじめとして愚将であったという見方があるが、異論もある。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 乃木
  • 天皇
  • 長府
  • 名前
  • 大将
  • 陸軍
  • 乃木坂
  • 伯爵
  • 元服
  • 出奔
  • 勲一等
  • 学習
  • 学者
  • 幼少期
  • 征討
  • 従軍
  • 戦争
  • 教育者
  • 旅順
  • 日本
  • 日露
  • 明治
  • 昭和
  • 栄典
  • 武士
  • 殉死
  • 生涯
  • 神社
  • 軍人
  • 転居
  • 長州
  • 階級
  • 一級
  • 任官
  • 呼称
  • 多く
  • 大綬章
  • 将軍
  • 少佐
  • 指揮
  • 教育
  • 旭日
  • 桐花
  • 著名
  • 裕仁
  • 親王
  • 軍隊
  • 金鵄勲章