生年月日データベース

井筒和幸いづつかずゆき

映画監督[日本]

1952年 12月13日

井筒 和幸(いづつ かずゆき、1952年12月13日 - )は、日本の映画監督。
奈良県出身。
映画監督として アメリカン・ニューシネマに傾倒し、奈良県立奈良高等学校時代から8ミリ、16ミリ映画の製作を行っており、1975年に友人と映画制作グループ「新映倶楽部」を設立する。
1975年にピンク映画『行く行くマイトガイ 性春の悶々』を初監督(「ゆけゆけマイトガイ性春の悶々」に後に改題。
「井筒和生」名義)。
なお、「ゆけゆけマイトガイ性春の悶々」は当時特にヒットしなかったがフィルムの原本が東京国立近代美術館のフィルムセンターに収蔵されており、井筒本人が有名になった後にソフト化されている。
上京後もピンク映画を撮り続け、そのうちのひとつである『色情女狩り』から「井筒和幸」名義となる。
並行して、関西の情報誌「プレイガイドジャーナル」にコラムを執筆。
1981年、初の一般映画『ガキ帝国』(「プレイガイドジャーナル」がプロデュースしたATG映画)がヒットし、日本映画監督協会新人奨励賞を受賞。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    宇宙の法則 [DVD]
    歌手
    発売元
    ユニバーサル ミュージック
    発売日
    2004年1月28日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1,480 より

映画監督。辛口コメンテーターとしても知られる。 1952年(昭和27年)、奈良県出身。県立奈良高校在学中から8ミリや16ミリの映画を撮り始め、1975年(昭和50年)、高校時代の仲間と映画制作グループ「新映倶楽部」を設立、映画界入り、ピンク映画「行く行くマイトガイ・性春の悶々」で監督デビュー。1981年(昭和56年)には一般映画「ガキ帝国」で日本映画監督協会新人奨励賞を受賞。1996年(平成8年)には「岸和田少年愚連隊」でブルーリボン最優秀作品賞などに輝いた。 近年は独自の批評精神を買われ、様々な分野での「ご意見番」として著名な存在。レギュラー出演しているテレビ朝日金曜日深夜の番組「虎の門」の「こちトラ自腹じゃ」コーナーでは話題の映画を自腹で鑑賞、鋭く評論している。 妻の姪にモデルの細野恵梨子がいる。 2004年、テレビ朝日『スーパーモーニング』番組内で、故いかりや長介(井筒氏はかねてからいかりやの役者としての資質を酷評していた)の訃報についてコメントを求められた際、「ドリフとか役者のいかりやさんとか言いますけど、 私は、てなもんや三度笠で育ったもんですからよくわからないですね。役者としても全くわからないんで別に悲しくもないですけどね」 と言い放った。多数の顰蹙も買ったが、「よくぞ言った」と快哉を叫ぶものもいた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 映画
  • 監督
  • 作品
  • ポータル
  • 出演
  • 批評
  • タレント
  • 事故
  • 参加
  • 奈良県
  • 撮影
  • 死亡
  • 演出
  • 舞台
  • 評価
  • のど自慢
  • クリスチャン
  • テレビ
  • パッチギ
  • 代表作
  • 出身
  • 多く
  • 敬愛
  • 犬死に
  • 辛口