誕生日データベース

清家清せいけきよし

建築家[日本]

1918年 12月13日

清家清 - ウィキペディアより引用
清家 清(せいけ きよし、1918年12月13日 - 2005年4月8日)は、日本の建築家。
日本における代表的な現代建築家。
戦後すぐに「森邸(1951年)」を発表し、同じ50年代に発表された、池辺陽の「立体最小限住宅(1950年)」、増沢洵の「最小限住宅」、広瀬鎌二の「SHシリーズ」、と共に機能主義による都市住宅のプロトタイプを提案し、住宅をはじめとする明瞭で軽快な作品で日本の伝統的モダン美を独自の解釈ではじめて形にした。
勲二等瑞宝章及び紫綬褒章受章。
工学博士(東京工業大学)。
主な称号に東京芸術大学名誉教授、東京工業大学名誉教授、日本建築学会名誉会員、東京建築士会名誉会員。
父は機械工学者の清家正、息子は経済学者で慶應義塾長の清家篤。
1918年京都府京都市に生まれる。
少年時代を神戸市で過ごし、旧制神戸二中(現・兵庫県立兵庫高等学校)を経て1941年東京美術学校(現・東京芸術大学)、1943年東京工業大学卒業。
太平洋戦争に従軍。
海軍技術見習尉官・中尉・大尉、海軍兵学校教官。
1945年正七位に叙される。
復員後、東京工業大学助手・講師・助教授を経て、1962年同大学より工学博士の学位を授受、教授に昇進。

■ 関連書籍

連想語句
  • 作品
  • 建築
  • 住宅
  • 名誉教授
  • 学者
  • 日本
  • 東京工業大学
  • エピソード
  • 主義
  • 代表
  • 会員
  • 博士
  • 受勲
  • 受賞
  • 増沢洵
  • 学会
  • 工学
  • 広瀬
  • 慶應義塾
  • 最小限
  • 東京芸術大学
  • 機能
  • 池辺
  • 清家正
  • 清家篤
  • 瑞宝章
  • 発表
  • 紫綬
  • 経済
  • 著書
  • 褒章
  • 計画
  • 鎌二
  • シリーズ
  • プロトタイプ
  • モダン
  • 会名
  • 勲二等
  • 勲等
  • 受章
  • 名誉
  • 建築士
  • 息子
  • 戦後
  • 提案
  • 明瞭
  • 東京
  • 機械工
  • 称号
  • 立体
  • 解釈
  • 都市