生年月日データベース

東海林太郎しょうじたろう

歌手[日本]

1898年 12月11日

東海林太郎 - ウィキペディアより引用

東海林 太郎(しょうじ たろう、1898年(明治31年)12月11日 - 1972年(昭和47年)10月4日)は、日本の歌手。
ロイド眼鏡・燕尾服を着用し直立不動の姿勢で歌うという特徴があった。
1965年、紫綬褒章受章。
秋田県秋田市台所町二番地に生まれた。
1908年、父大象が秋田県庁を辞職。
南満州鉄道株式会社に入社。
両親は満州へ。
東海林は祖母カツの下で生活する。
秋田中学時代にヴァイオリンに魅せられ、満州にいる父に懇願するが逆鱗にふれ断念。
秋田県立秋田中学校(現:秋田県立秋田高等学校)を卒業。
東京に上京し国民英学校に学び、早稲田大学商学部予科に入学する。
卒業間際に庄司久子と結婚した。
佐野学に研究科でマルクス経済学を学ぶ。
研究科修了後、1923年9月南満州鉄道株式会社に入社、庶務部調査課に勤務。
「満州に於ける産業組合」を脱稿するが、あまりにも左翼的ということにより、1927年鉄嶺の図書館に左遷される。
音楽の夢が捨てきれず、満鉄には7年間勤務したが、その後、退社して帰国。
弟三郎と早稲田鶴巻町で中華料理店を経営。
流行歌手に 声楽を下八川圭祐に師事し、音楽コンクールの声楽部門で「我恨まず」(シューマン)「仮面舞踏会」からのアリア「レナートの詠唱」を独唱し入賞した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

戦前に最も人気があった流行歌手。 明治31年生秋田県まれ。 早稲田大学卒業後、南満州鉄道に入社し、調査論文「満州に於ける産業組合」を発表。 論文が左翼思想だとして満州・鉄嶺の図書館長に左遷されるが、音楽への思いを断ち切れずに昭和5年に帰朝し翌6年にレコードデビュー。 初期はキングレコード等で活躍し、その後ポリドールレコードを中心に「日本調歌謡」を得意とし、「赤城の子守唄」「旅笠道中」「むらさき小唄」「野崎小唄」等でヒットを続発しポリドールのドル箱的存在となる。その他戦時歌謡の「麦と兵隊」等で一時代を築く。 後にテイチクレコード・キングレコード・とレコード会社を移籍するが、マーキュリーレコードでは重役として入社。無数のレコードを吹き込んでいる。 戦後数度に渡るガンの手術によって人工肛門を余儀なくされ、晩年のナツメロブームで再び脚光を浴びた頃には往年のビロードの歌声も見るも無残な哀れな姿になり、現在テレビで放映される映像からでは絶頂期の姿を偲ぶ事はできない。 昭和47年10月4日死去。享年73歳。 今の演歌の原型は東海林太郎の日本調歌謡がその元流と言って間違いなく、その功績は偉大である。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 歌手
  • 受章
  • 満州
  • テレビ
  • ロイド眼鏡
  • 代表曲
  • 俳優
  • 出場歴
  • 出演
  • 受賞
  • 日本
  • 流行
  • 燕尾服
  • 県庁
  • 秋田
  • 秋田市
  • 秋田県
  • 紅白歌合戦
  • 紫綬
  • 褒章
  • 鉄道
  • 不動
  • 両親
  • 入社
  • 台所町
  • 大象
  • 姿勢
  • 株式会社
  • 直立
  • 着用
  • 辞職