誕生日データベース

マーティン・ヴァン・ビューレンMartin Van Buren

政治家、第8代アメリカ合衆国大統領[アメリカ]

1862年 7月24日 死去享年79歳
マーティン・ヴァン・ビューレンの名言
仕事をきちんとこなすほうが、そうしなかった理由を説明するより簡単だ。
It is easier to do a job right than to explain why you didn't.
マーティン・ヴァン・ビューレン - ウィキペディアより引用
マーティン・ヴァン・ビューレン(Martin Van Buren, 1782年12月5日 - 1862年7月24日)は、アメリカ合衆国の第8代大統領。
大統領職の前には第8代副大統領および第10代国務長官を務めた。
オールド・キンダーフックの愛称で呼ばれた。
最初の独立宣言署名後に生まれた大統領であり、最初の非アングロ・サクソン系の大統領であり、第一言語が英語ではなかった(オランダ語だった)唯一の大統領。
民主党の最初の主催者でもあった。
ヴァン・ビューレンは再選を逃した3人目の大統領となった。
アンドリュー・ジャクソンの国務長官と副大統領を務め、ニューヨーク州におけるジャクソニアン・デモクラシーの組織構造を築き上げたことにおいて重要な人物だった。
しかし大統領として彼は経済問題に悩まされ、その任期は1837年の恐慌に翻弄されることになった。
さらにアルーストック戦争とキャロライン事件とを通じて、イギリスとその植民地であるカナダとの関係が緊張した。
これらが直接彼の執政によるものだった否かは意見が分かれるところだが、いずれにせよヴァン・ビューレンは4年後の1840年の大統領選で敗退することになった。
連想語句
大統領アメリカジャクソン副大統領合衆国国務長官最初ことアルーアングロアンドリューオランダ語キャロラインサクソンストックビューレンヴァン事件宣言恐慌戦争民主党独立英語これらところものイギリスオールドカナダキンダークソジャデモクラシーニアンニューヨーク州フックページ主催者人物任期再選唯一問題執政存在意見愛称植民地構造民主主義組織経済緊張署名翻弄言語重要関係

↑ PAGE TOP