生年月日データベース

中御門天皇なかみかどてんのう

第114代天皇[日本]

(元禄14年12月17日生)

1702年 1月14日

1737年 5月10日 死去享年36歳
中御門天皇 - ウィキペディアより引用

中御門天皇(なかみかどてんのう、 元禄14年12月17日(1702年1月14日) - 元文2年4月11日(1737年5月10日))は、江戸時代の第114代天皇(在位:宝永6年6月21日(1709年7月27日) - 享保20年3月21日(1735年4月13日))。
幼名を長宮(ますのみや)、諱を慶仁(やすひと)という。
追号の「中御門」は、平安京大内裏の門の一つである待賢門の別称に因む。
系譜 東山天皇の第五皇子。
母は内大臣櫛笥隆賀の娘、典侍賀子(新崇賢門院)。
女御:藤原(近衛)尚子(新中和門院、1702-1720) - 近衛家熙女 第一皇子:昭仁親王(桜町天皇、1720-1750) 典侍:藤原(清水谷)石子(権典侍局・民部卿典侍、1703-1735) - 清水谷実業女 第二皇子:公遵法親王(保良親王、1722-1788) - 天台座主 第四皇女:理秀女王(嘉久宮、1725-1764) - 宝鏡寺 第六皇女:尊乗女王(亀宮、1730-1789) - 光照院 第八皇女:周宮(真珠華院、1735) 典侍:藤原(園)常子(新典侍局、?-1763) - 園基勝女 第三皇子:忠誉法親王(忠篤親王、1722-1788) - 聖護院 第三皇女:五宮(清浄法院、1724-1725) 掌侍:源(久世)夏子(源内侍、?-1734) - 久世通夏女 第二皇女:三宮(妙智院、1723) 第五皇女:成子内親王(籌宮、1729-1771) - 閑院宮典仁親王妃 第七皇女:永皎女王(倫宮、1732-1808) - 大聖寺 第五皇子:信宮(妙光院、1734) 掌侍:菅原(五条)寛子(1718-?) - 五条為範女 第六皇子:遵仁法親王(寛全親王、1722-1747) - 仁和寺 妃:丹波氏(伊予局・見性院、1703-1770) - 小森頼季女、錦小路頼庸養女、のち石井行康養女 第一皇女:聖珊女王(1721-1759) - 曇華院 第四皇子:慈仁法親王(良視親王、1723-1735) - 曼殊院、仁和寺 養子 叡仁法親王(有栖川宮職仁親王の第二子) 公啓法親王(閑院宮直仁親王の第二子) 系図 宝永5年(1708年)立太子、同6年(1709年)東山天皇 ……

■ 関連書籍

  • タイトル
    天皇皇族実録 (113)
    著者
    藤井譲治
    発売元
    ゆまに書房
    発売日
    2006-05
    新品価格
    より
    中古商品
    より

江戸時代中期の天皇。諱は慶仁(やすひと)。 即位後は初め父・東山上皇が院政を行っていたがすぐに崩御してしまい、以降は祖父・霊元上皇の院政が行われた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 系譜
  • 在位
  • 天皇
  • 旧暦
  • 享保
  • 元号
  • 元文
  • 内大臣
  • 大内裏
  • 宝永
  • 平安京
  • 待賢
  • 東山
  • 江戸時代
  • 皇子
  • 系図
  • 追号
  • 霊廟
  • やすひと
  • 一つ
  • 中御門
  • 別称
  • 幼名
  • 慶仁
  • 櫛笥
  • 長宮