誕生日データベース

後光明天皇ごこうみょうてんのう

第110代天皇[日本]

(寛永10年3月12日生)

1633年 4月20日

1654年 10月30日 死去享年22歳
後光明天皇 - ウィキペディアより引用
後光明天皇(ごこうみょうてんのう、寛永10年3月12日(1633年4月20日) - 承応3年9月20日(1654年10月30日))は、江戸時代前期の第110代天皇(在位:寛永20年10月3日(1643年11月14日) - 承応3年9月20日(1654年10月30日))。
幼名を素鵞宮(すがのみや)、諱を紹仁(つぐひと)という。
儒学に傾倒して典礼を重んじ、朝儀再興を目指した。
系譜 後水尾天皇の第四皇子。
母は贈左大臣園基任の娘光子(壬生院)。
養母は父帝の中宮徳川和子(東福門院)。
明正天皇は異母姉。
典侍:源(庭田)秀子(小一条局、?-1685) - 庭田重秀女 第一皇女:孝子内親王(礼成門院、1650-1725) 系図 寛永10年(1633年)3月12日に誕生。
寛永19年(1642年)9月2日儲君となり、12月15日に親王宣下。
翌年(1643年)9月27日に11歳で元服、10月3日明正天皇の譲位を受けて践祚、同月21日に即位礼を挙行した。

■ 関連書籍

タイトル
天皇皇族実録 (107)
著者
藤井譲治
発売元
ゆまに書房
発売日
2005-12
新品価格
より
中古商品
より
連想語句
系譜天皇在位儒学元号典礼出典基任寛永左大臣後水尾旧暦朝儀江戸時代注釈系図逸話関連霊廟すがのつぐひとみや傾倒再興前期幼名承応皇子素鵞

↑ PAGE TOP