誕生日データベース

宮下昌己みやしたまさみ

プロ野球選手[日本]

宮下 昌己(みやした まさみ、1965年1月4日 - )は、東京都調布市出身の元プロ野球選手(投手)。
来歴・人物 調布市立神代中学校では荒木大輔と同級生。
日大三高に進み、エースとして1982年夏の甲子園西東京予選決勝に進出するが、日大二高に完封負け、甲子園出場を逸する。
同年ドラフト6位で中日ドラゴンズに入団。
1986年には40試合に登板、3勝をあげる。
同年は先発としても8試合に起用されるが結果を残せず、翌1987年には中継ぎに専念し50試合に登板、自己最多の5勝を記録した。
1987年6月11日の対読売ジャイアンツ戦(熊本藤崎台球場)で、ウォーレン・クロマティの背中に死球を与えた。
その際、クロマティはマウンドに駆け寄りながら、宮下に対し帽子を取って謝るようジェスチャーを交えながら要求。
それでも宮下は帽子を取らなかったため、マウンド上でクロマティは宮下の左顎へ右ストレートパンチを放つという暴力事件が当時話題となった。
この時、宮下はなぜ帽子を取らなかったかというと、(本人曰く)「あの時、実は狙っていました。
連想語句
投手中学校プロ野球出演市立年度成績東京都神代背番号荒木大輔記録詳細調布調布市選手関連まさみみやしたエース出身同級学校宮下日大三日本大学昌己野球高等

↑ PAGE TOP