誕生日データベース

土本武司つちもとたけし

刑事法学者[日本]

1935年 1月4日

土本 武司(つちもと たけし、1935年1月4日 - )は、検察官出身の刑事法学者。
元白鴎大学法科大学院教授、同研究科長。
筑波大学名誉教授。
法学博士(中央大学、1987年)(学位論文「過失犯の研究」)。
岐阜県出身。
大学在学中に司法試験に合格し、牧野英一に師事する。
また渥美東洋とは、学生時代机を並べて研究した仲である。
実務に通じた綿密な刑事訴訟法理論で著名である。
日本の刑事訴訟法学者としては、河上和雄と並び、もっとも職権主義的な立場を強くとっている。
マスコミに直接コメントすることの少ない検察にかわってスポークスマン的役割を果たしている。
1991年に発生した悪魔の詩訳者殺人事件では通報者となる。
2011年10月に大阪地裁で開かれたパチンコ店放火殺人事件(2009年7月に大阪市此花区で発生)の裁判員裁判に、絞首刑は残虐な刑罰を禁じた憲法に反すると主張している弁護側の証人として出廷。

■ 関連書籍

「土本武司」と関連する人物

連想語句
  • 大学
  • 中央大学
  • 刑事
  • 博士
  • 受章
  • 司法
  • 名誉教授
  • 大学院
  • 学位
  • 岐阜県
  • 教授
  • 河上和雄
  • 法学
  • 法科
  • 牧野英一
  • 筑波大学
  • 著書
  • 訴訟法
  • 試験
  • 論文
  • 出身
  • 刑事訴訟
  • 合格
  • 在学
  • 実務
  • 師事
  • 日本
  • 法学者
  • 理論
  • 発生
  • 科長
  • 立場
  • 綿密
  • 職権
  • 著名
  • 過失犯