生年月日データベース

与那城ジョージよなしろじょーじ

男子サッカー選手[ブラジル→日本]

1950年 11月28日 生 (満67歳)

与那城 ジョージ(よなしろ ジョージ、本名:与那城 ジョルジ、1950年11月28日 - )は、ブラジル・サンパウロ州出身の日系二世の元サッカー選手、サッカー指導者。
沖縄県からブラジルに移民した両親の元で5人兄弟の末っ子として生まれ、グレミオ・レクラチーボ・トウキョウに所属して日系人リーグで活躍する。
1972年、日本サッカーリーグ2部所属の読売サッカークラブに入団。
同クラブの1部昇格とその後の躍進の立役者として大きく貢献し「ミスター・ヨミウリ」と呼ばれた。
クラブ側の外国人選手を一人でも多く起用したいという方針により帰化を勧められ、1985年1月に日本に帰化。
登録名は与那城ジョージ。
帰化当初は日本代表入りは想定していなかったが、森孝慈監督の抜擢により同年に行われた1986 FIFAワールドカップ・アジア予選の最終予選2試合に出場した。
しかし既に34歳となった与那城はこのワールドカップ予選での戦いを通じて、自分のプレーがトップレベルにないことを実感し、引退を決意した。

■ 関連書籍

元サッカー選手、サッカー指導者。本名「与那城ジョルジ」。 現役時代のポジションはミッドフィルダー。 1950年11月28日生まれ。ブラジル・サンパウロ出身の日系二世。 日系人リーグ、グレミオ・レクラチーボ・トウキョで活躍。 1972年に来日し、読売サッカークラブ(現・東京ヴェルディ)に入団。ミスター読売と呼ばれた。 また、後輩であるラモス瑠偉を読売クラブに紹介した。 1985年に日本国籍を取得し、「ジョージ与那城」から改名。サッカー日本代表としてFIFAワールドカップメキシコ大会予選に出場。 同年引退。 1986年、読売クラブ監督に就任し、リーグ、天皇杯など3回の優勝、1987年にはアジアクラブ選手権優勝に導く。 2004年2月、両親の故郷である沖縄で発足されたFC琉球の監督に就任。2006年、契約満了により退任。 2007年、ニューウェーブ北九州(現・ギラヴァンツ北九州)の監督に就任。2009年、クラブをJリーグ昇格へと導いた。2010年シーズンは、J2で33試合連続未勝利のワースト記録を喫するなど、わずか1勝を挙げたのみで最下位に終わり、この年限りで監督を退任した。後任監督は三浦泰年。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ブラジル
  • 日本
  • サンパウロ
  • 二重国籍
  • 出身
  • 生年月日