誕生日データベース

矢野健夫やのたてお

飛行撮影家[日本]

1952年 1月3日

矢野健夫(飛行撮影家)(やの たてお、1952年1月3日 - )は日本のカメラマン。

2001年に世界で初めてモーターパラグラダーとハイビジョンカメラ(HDCAM)を使って、超低空飛行撮影という全く新しい映像世界を創り出した第一人者。
振動やブレによる不快な揺れをなくし、自分が飛んでいるかのような不思議な浮遊感と飛行感覚を実写で感じられる映像を写し出す。

2005年にNHK「赤い翼~シルクロードを飛ぶ~」
2006年10月日本ハング・パラグライディング連盟のMPGパイロット資格取得。

2006年にテレビ朝日「報道ステーション」の「シリーズ 感動絶景!」コーナーで一躍注目をあび著名となる。

琵琶湖を飛ぶ 1996年
Virtual trip モーターパラグライダー空撮 
沖縄八重山諸島 西表島・竹富島

■ 映像作品

■ 関連書籍

「矢野健夫」と関連する人物

連想語句
  • 作品
  • 番組
  • パラグライダー
  • モーター
  • 撮影
  • 諸島
  • グライディング
  • ステーション
  • テレビ朝日
  • ハング
  • パラ
  • 八重山
  • 出演
  • 報道
  • 日本
  • 映像
  • 沖縄
  • 西表島
  • 連盟
  • 関連
  • 飛行
  • カメラ
  • コーナー
  • シリーズ
  • シルクロード
  • ハイビジョン
  • パイロット
  • 一躍
  • 不快
  • 不思議
  • 世界
  • 低空
  • 実写
  • 感動
  • 感覚
  • 振動
  • 日本放送協会
  • 注目
  • 浮遊感
  • 琵琶湖
  • 空撮
  • 第一人者
  • 絶景
  • 自分
  • 著名
  • 資格