生年月日データベース

ルイ・ネールLouis Eugène Félix Néel

物理学者[フランス]

1904年 11月22日

2000年 11月17日 死去享年97歳
ルイ・ネール - ウィキペディアより引用

ルイ・ネール(Louis Eugène Félix Néel, 1904年11月22日 – 2000年11月17日)は、フランスの物理学者。
リヨンに生まれた。
高等師範学校で学ぶ。
1932年にストラスブール大学で学位をとり、1937年から1945年まで同大学の教授、1945年から1976年までグルノーブル大学の教授となる。
1953年には、国際理論物理学会東京&京都で来日した。
業績 1970年、「固体物理学における重要な応用をもたらした 反強磁性およびフェリ磁性に関する基礎的研究および諸発見」によりノーベル物理学賞を受賞した。
反強磁性構造から常磁性構造に変わる温度であるネール温度に名前を残している。
1930年代初めから分子レベルでの磁性の研究をおこない、フェリ磁性、反強磁性を発見した。

連想語句
  • 大学
  • 磁性
  • 強磁性
  • フェリ
  • 業績
  • 温度
  • 物理
  • 物理学
  • グルノーブル
  • ストラスブール
  • ネール
  • ノーベル
  • リヨン
  • 国際
  • 執筆
  • 学会
  • 学校
  • 師範
  • 教授
  • 構造
  • 物理学賞
  • 理論
  • 発見
  • 途中
  • 高等
  • スタブ
  • フランス
  • レベル
  • 京都
  • 分子
  • 初め
  • 受賞
  • 名前
  • 固体
  • 学位
  • 学者
  • 常磁性
  • 応用
  • 書きかけ
  • 来日
  • 東京
  • 重要
  • 関連