誕生日データベース

田嶋幸三たじまこうぞう

男子サッカー選手、日本サッカー協会会長[日本]

1957年 11月21日

田嶋 幸三(たしま こうぞう、1957年11月21日 - )は熊本県出身の元サッカー選手、元サッカー日本代表。
現在、日本サッカー協会会長及びアジアサッカー連盟(AFC)理事。
JFAアカデミー福島初代スクールマスター。
若年層の育成システム構築に深く関わり、著書も多い。
妻の土肥美智子は内科医でFIFA医学委員会委員およびオリンピック日本選手団スポーツドクター。
兄は熊本県天草郡苓北町町長(1991年-)の田嶋章二、甥(夫人の姉の息子)はプロサッカー選手の日高慶太。
現役時代のポジションはフォワードであった。
東京都世田谷区で育ち、世田谷区立用賀小学校、世田谷区立用賀中学校卒業後、浦和南高校に越境通学。
同校3年時にキャプテンとして高校選手権優勝。
しかし日本サッカーにそれほど魅力を感じず、教員になるため筑波大学に入学した。
大学4年の時、日韓戦の前座試合で大学選抜の日韓戦に出場し、当時の日本代表監督・下村幸男の目にとまり日本代表に選出される。
このとき選ばれていなかったら教員になるつもりでいたという(日本代表国際Aマッチ出場7試合、1得点)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

元日本代表のサッカー選手。現・日本サッカー協会副会長。 1957年11月21日生まれ、熊本県出身。 現役時代のポジションはフォワード。国際Aマッチ出場7試合1得点。 浦和市立南高等学校(現・さいたま市立浦和南高等学校)時代にキャプテンとして全国高等学校サッカー選手権大会優勝に貢献。 その後筑波大学に入学し、サッカー日本代表にも選ばれる。 卒業後、古河電気工業に入社し、サッカー部(現ジェフユナイテッド千葉)に所属。 1983年から2年半、旧西ドイツのケルン体育大学へ留学しB級コーチライセンス取得。 筑波大学大学院(同大学サッカー部コーチ)を経て、1988年に立教大学講師、1990年助教授になり、1995年までサッカー部コーチを務める。 1993年、日本サッカー協会強化委員会委員に就任。1994年からは副委員長となる。 1996年から筑波大学客員助教授、日本サッカー協会指導委員会委員。 1998年より技術委員会副委員長。 1999年にはU-15日本代表監督に就任し、FIFA U-17世界選手権(現・FIFA U-17ワールドカップ)に出場。 その後、日本サッカー協会技術委員長へ昇進。 2006年、日本サッカー協会専務理事に就任。 2010年7月、専務理事との兼任で日本サッカー協会副会長に就任。 小倉純二が務めていた国際サッカー連盟(FIFA)理事やアジアサッカー連盟(AFC)理事の後継として選挙に備えていたが、2011年1月のFIFA理事選挙では落選し、2002年以来9年ぶりに日本はFIFA理事のポストを失う事態となった。AFC理事には選ばれた。 * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • 代表
  • 田嶋
  • 日本
  • 連盟
  • 選手
  • アカデミー
  • アジア
  • クラブ
  • プロ
  • 会長
  • 個人
  • 内科医
  • 医学
  • 土肥
  • 天草郡
  • 太郎
  • 委員
  • 委員会
  • 強化策
  • 息子
  • 慶太
  • 成績
  • 所属
  • 日本サッカー協会
  • 日高
  • 福島
  • 章二
  • 美智子
  • 苓北町
  • 試合
  • オリンピック
  • システム
  • スクール
  • スポーツ
  • ドクター
  • マスター
  • 初代
  • 国際
  • 夫人
  • 当選
  • 構築
  • 熊本県
  • 現在
  • 理事
  • 町長
  • 育成
  • 若年層
  • 著書
  • 選挙