生年月日データベース

寺島進てらじますすむ

俳優[日本]

1963年 11月12日

寺島進 - 俳優

寺島 進(てらじま すすむ、1963年11月12日 - )は、日本の俳優。
本名同じ。
東京都江東区出身。
オフィス北野所属。
男三兄弟の次男で実家は江東区深川にある畳屋。
父親は日本酒を好み、ユーモアがあって丁寧な仕事をする人である。
江東区立深川第二中学校卒業、東京都立葛飾野高等学校卒業。
三船芸術学院で殺陣を学び、宇仁貫三に師事。
映画のデビュー作は、松田優作監督の『ア・ホーマンス』。
優作は芸能界に入って初めて褒めてくれた人だと語っている。
2008年9月7日に放映された『情熱大陸』の撮影中に、優作の二男・松田翔太を電話で飲みに誘い「親指みたいに小さい頃から知っている。
もうかわいくてかわいくて仕方ないんだよ」と翔太との間柄を紹介。
現在も優作との絆を大切にしていることがうかがえる。
また、映画デビューの同年には『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』に攻撃軍の一員として出場している。
北野作品などの映画で知名度を上げる。
『小さき勇者たち〜ガメラ〜』で寺島を起用した田﨑竜太監督は、パイロット監督を務めた『仮面ライダー電王』で主人公、モモタロスのキャラクターを決める際、寺島のキャラクターを参考にしたと同作のムック本でのインタビューに答えている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

俳優。オフィス北野所属。 1963年11月12日生まれ、東京都出身。東京都立葛飾野高等学校卒。 チンピラ、やくざなどの強面役が多いことから、「極道スター」「アニキ」の異名を持つ。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アニメ
  • オフィス
  • オリジナル
  • ゲーム
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • ビデオ
  • ラジオ
  • 出演
  • 劇場
  • 北野
  • 受賞歴
  • 映画
  • 書籍
  • 所属