生年月日データベース

エルンスト・フィッシャーErnst Otto Fischer

化学者[ドイツ]

1918年 11月10日

エルンスト・オットー・フィッシャー(Ernst Otto Fischer, 1918年11月10日 - 2007年7月23日)はドイツの化学者。
生涯 ミュンヘンに近いゾルン (Solln) に生まれる。
父はミュンヘン工科大学の物理学教授カール・フィッシャー (Karl T. Fischer)、母はヴァレンティーネ (Valentine) である。
1937年にアビトゥーアに合格した。
2年間の徴兵期間を終える前に第二次世界大戦が起こり、ポーランド、フランス、ロシアに出征した。
1941年の終わりごろ受けた学業休暇の間、ミュンヘン工科大学で学び始めた。
戦争が終わると1945年の秋にアメリカ軍に釈放され、大学に復帰し1949年に卒業した。
無機化学科の教授ヴァルター・ヒーバー (Walter Hieber) の助手となり、学位論文「亜ジチオン酸塩およびスルホキシル酸塩存在下での一酸化炭素とニッケル(II) 塩の反応機構」を作成した。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • エルンスト
  • フィッシャー
  • すべて
  • 日本語