生年月日データベース

オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダンJean-Marie-Mathias-Philippe-Auguste

作家詩人[フランス]

1838年 11月8日

1889年 8月19日 死去享年52歳
オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン - ウィキペディアより引用

ジャン=マリ=マティアス=フィリップ=オーギュスト・ド・ヴィリエ・ド・リラダン伯爵(フランス語: Jean-Marie-Mathias-Philippe-Auguste, comte de Villiers de l'Isle-Adam、 1838年11月8日 - 1889年8月19日)はフランスの作家、詩人、劇作家。
象徴主義を代表する存在の一人。
生涯 ブルターニュ地方サン=ブリユーにて大貴族の家系に生まれる。
父ジョゼフ=トゥサン侯爵と母マリ=フランソワーズ(旧姓ル・ネヴー・ド・カルフォール)はいずれも裕福でなく、母方のおばのド・ケリヌー夫人から仕送りを受けて暮らしていた。
父は、マルタ騎士団の失われた財宝(フランス革命中にカンタン近郊に埋められたと伝えられる)を発見して家門を再建するという妄念に取りつかれており、宝捜しのために莫大な金を費やして土地を買い漁り、掘り返し、何ら価値あるものを見つけられぬまま大損を出して土地を売り渡すということを繰り返していた。

■ 関連書籍

Auguste de Villiers de L'Isle−Adam(1838−1889) フランスの小説家・詩人。 フルネームは「ジャン・マリ・マティヤス・フィリップ・オーギュスト・ド・ヴィリエ・ド・リラダン」。 ブルターニュの由緒正しい家柄に生まれるも、赤貧洗うが如き生涯を送る。その作品は壮麗な文体と近代社会に対するシニカルな目線によって描かれ、作者の反俗孤高の精神を反映している。 また、長編小説『未来のイヴ』において、史上初めて「アンドロイド」という言葉を登場させた人物でもある。 (引用元 Hatena Keyword)

「オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン」と関連する人物

連想語句
  • 生涯
  • フランス
  • カンタン
  • サン
  • ブリ
  • ブルターニュ
  • マルタ
  • ユー
  • 主義
  • 作家
  • 劇作家
  • 受容
  • 日本
  • 著作
  • 著書
  • 詩人
  • 象徴
  • 革命
  • 騎士
  • いずれ
  • おば
  • カル
  • ケリ
  • ジョゼフ
  • トゥサン
  • ヌー
  • ネヴー
  • フォール
  • フランソワーズ
  • マリ
  • 一人
  • 仕送り
  • 代表
  • 侯爵
  • 再建
  • 土地
  • 地方
  • 夫人
  • 妄念
  • 宝捜し
  • 家系
  • 家門
  • 旧姓
  • 母方
  • 発見
  • 莫大
  • 裕福
  • 財宝
  • 貴族
  • 近郊