生年月日データベース

アルフレッド・ラヴェルSir Alfred Charles Bernard Lovell

電波文学者[イギリス]

1913年 8月31日

2012年 8月6日 死去享年98歳
アルフレッド・ラヴェル - ウィキペディアより引用

サー・アルフレッド・チャールズ・バーナード・ラヴェル(Sir Alfred Charles Bernard Lovell、1913年8月31日 - 2012年8月6日)はイギリスの電波天文学者である。
ジョドレルバンク天文台を設立し1981年まで所長を務めた。
王立協会フェロー。
生涯 グロスターシャーのOldland Commonに生まれた。
ブリストル大学で物理学を学び、1936年に博士号を得た。
マンチェスター大学で宇宙線の研究を行ったが、第2次世界大戦の勃発により、イギリス空軍のTRE(Telecommunications Research Establishment)で航空機搭載レーダーの開発を行いその功績で受勲した。
戦後、マンチェスター大学に戻り宇宙線の研究から電波天文学に興味を移し、軍用に使われたレーダーをジョドレルバンクの大学の植物学部の跡地に設置した。
1945年に昼間の流星雨からの反射電波観測に成功した。
当時世界最大の電波望遠鏡を製作し、完成前の1957年に人工衛星スプートニク1号の追跡に使用された。

連想語句
  • 大学
  • 電波
  • 協会
  • メダル
  • ジョ
  • ドレル
  • バンク
  • マンチェスター
  • 天文
  • 天文学
  • 宇宙線
  • 王立
  • 生涯
  • エディンバラ
  • グロスターシャー
  • スプートニク
  • ナイト
  • ブリストル
  • マー
  • レーダー
  • ロイヤル
  • ロリ
  • 世界
  • 功績
  • 受賞
  • 天文台
  • イギリス
  • フェロー
  • 一般向け
  • 人工
  • 使用
  • 勃発
  • 博士号
  • 反射
  • 受勲
  • 多く
  • 大戦
  • 学者
  • 学部
  • 完成
  • 当時
  • 成功
  • 戦後
  • 所長
  • 搭載
  • 昼間
  • 最大
  • 望遠鏡
  • 植物
  • 流星雨
  • 物理学
  • 発展
  • 称号
  • 空軍
  • 興味
  • 航空機
  • 著書
  • 衛星
  • 製作
  • 観測
  • 設立
  • 設置
  • 跡地
  • 軍用
  • 追跡
  • 選出
  • 開発