生年月日データベース

成瀬善久なるせよしひさ

プロ野球選手[日本]

1985年 10月13日 生 (満32歳)

成瀬善久 - ウィキペディアより引用

成瀬 善久(なるせ よしひさ、1985年10月13日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(投手)。
栃木県小山市出身。
プロ入り前 小山市立桑中学校在学時はエースとして第22回全国中学校軟式野球大会に出場。
1試合16奪三振と毎回奪三振の大会記録を樹立しチームを全国第3位に導く(毎回奪三振は長谷川滋利、山本省吾らも記録している)。
なお、同中学の2年先輩には東京ヤクルトスワローズの飯原誉士がおり、成瀬が1年時のエースは飯原であった。
横浜高校時代は度重なる故障に悩まされたが、第75回選抜高等学校野球大会で3回戦の明徳義塾を劇的に破ると勢いに乗って、準優勝。
決勝では西村健太朗‐白濱裕太のバッテリーを擁する広陵高校と対戦。
先発した1学年下の涌井秀章をリリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。
第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県大会では決勝進出を果たすも給前信吾と、1学年下に田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。

■ 関連書籍

プロ野球選手(投手)。背番号は60(2004〜2007)→17(2008〜)。 1985年10月13日生まれ、栃木県小山市出身。左投左打。 投手 180cm 75kg 横浜高校−千葉ロッテマリーンズ(2003年ドラフト6巡目入団)−東京ヤクルトスワローズ(FA移籍) 横浜高校時代二年の秋からエースとして活躍する。 三年生の時にセンバツに出場し、一年下の涌井秀章と共に原動力となり決勝に進出。 決勝では西村健太朗擁する広陵高校と対戦したが、15-3で敗北した。 プロ初登板は、2006年5月17日対横浜ベイスターズ(横浜スタジアム)2回戦(初先発)。 6回2/3を投げて3失点(自責2)で、プロ入り初勝利を手にする。 飯原誉士は中学校の2年先輩であり、ヤクルトで再びチームメートとなった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 投手
  • 時代
  • 選手
  • タイトル
  • プロ
  • プロ野球
  • ヤクルト
  • ヤクルトスワローズ
  • ロッテ
  • 小山市
  • 年度
  • 成績
  • 東京
  • 栃木県
  • 登場
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • なるせ
  • よしひさ
  • 出身
  • 善久
  • 成瀬
  • 所属
  • 関連