誕生日データベース

話題の記事 一覧

  1. 羽生結弦、ショートトラックでも一流? 「意識高い系」の仕草とは

    平昌五輪フィギュアスケートの金メダリスト・羽生結弦が、仲間とショートトラックに挑戦した中で見せたワンシーンが「意識高い系」だとファンに楽しまれている。

  2. バド・奥原選手も祝福 元体操・田中理恵が第1子誕生を報告

    元体操選手で2012年のロンドン五輪に出場した田中理恵さん(30)が、2018年2月22日、第1子が誕生したことをツイッターで報告した。

  3. 乃木坂46・星野みなみが初写真集 「『白石麻衣超え』無理だけど...」

    乃木坂46の人気メンバー、星野みなみさん(20)が2018年4月上旬に初の写真集を発売する。乃木坂46と欅坂46の「坂道シリーズ」では、白石麻衣さん(25)の2冊目の写真集「パスポート」(講談社)が異例のヒットを記録した。

  4. 「ムーミン問題」日フィンランド外相会談で「決着」 新聞の一斉報道にネット反発「採点し直せ」

    「採点をし直せ!」「全員正解だろ!」ネット上でそんな声が2018年2月22日にネット上で大学入試センターに向けられた。

  5. 韓国パシュートの内紛 昨年秋に始まっていた「置き去り選手」絡みの確執とは

    平昌五輪スピードスケート女子パシュート韓国代表チームで起きた「内紛」は、その後の7・8位決定戦まで尾を引いた。

  6. 北朝鮮は米との会談ドタキャン、日本はナンバー2に接触 表からは見えない「対話路線」が進捗か

    米国が「最大限の圧力を続ける」一方で、対話にも前向きな姿勢を示していたことが明らかになった。平昌五輪出席のために韓国を訪問していた米国のペンス大統領と、朝鮮労働党の金正恩委員長の特使として訪韓していた妹の金与正(ヨジョン)氏らとの会談が一度はセットされていたものの、北朝鮮側が直前にキャンセルしていた。

  7. 急逝の大杉漣さん、緊急追悼「徹子の部屋」で明かしていた芸名の由来とフォークソングの関係

    名バイプレーヤーとして活躍した俳優、大杉漣さんが66歳で急逝したことを受け、芸名の「漣(れん)」(本名は孝)が誕生したきっかけのエピソードを関係者がツイッターで紹介した。

  8. 島根県が13回目「竹島の日」記念式典 政務官が6年連続で出席

    2018年2月22日、13回目となる「竹島の日」記念式典が島根県民会館(島根県松江市)で行われ、国会議員や地元・隠岐の島の住民らおよそ500人が参加した。

  9. 高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ国会論戦で注目 裁量労働の考え方

    裁量労働をめぐる厚労省の不適切なデータが問題になって、国会が盛り上がっている。

  10. 大杉漣さん急死、謎の「ネット投稿」 不気味な質問が1週間前に...

    俳優・大杉漣さんの急逝が明らかになった2018年2月21日以来、関連するネット上のある書き込みが話題を呼んでいる。

  11. 「艦これ」公式、角川ゲームスのツイッターが突如凍結 理由は「エセックス級」ではなく...

    人気シミュレーションゲーム「艦隊これくしょん」の公式ツイッターアカウントが突如凍結され、ファンに動揺が走っている。

  12. 裁量労働制拡大、施行1年延期検討 安倍首相が調整を指示

    政府は今国会に提出する働き方改革関連法案で、裁量労働制の適用拡大の施行時期を1年遅らせ、2020年にする方向で検討に入った。安倍晋三首相が18年2月21日に加藤勝信厚労相と会談し、自民党内で調整するよう指示した。

  13. 「コーヒーがない!」女性客が大暴れ... 中央線遅延トラブルの一部始終目撃談

    「コーヒーがない!」と暴れ出した女性が居たため、通勤ラッシュ時のJR中央線に遅れが生じた――。こんな情報がツイッターで拡散され、ネット上に「意味がわからない」といった困惑の声が相次ぐ騒ぎがあった。

  14. DMM.com、成人向け事業を分割 企業価値の最大化狙う

    インターネットサービス事業を行うDMM.com(東京都港区)は、2018年2月21日、成人向け事業を3月1日に分割してデジタルコマース(金沢市)に承継すると発表した。

  15. 「あさイチ」後任に博多華丸・大吉と近江アナ NHKが発表

    NHKは2018年2月21日に開いた放送総局長会見で、情報番組「あさイチ」で8年間司会を務めたV6の井ノ原快彦さん(41)と有働由美子アナウンサー(48)の後任として、博多華丸さん(47)と大吉さん(46)、近江友里恵アナウンサー(29)を起用することを発表した。

  16. 「熊本県警早速やりやがったなw」 交通情報版に「ゆづる心に金メダル」「安全運転大事だよねそだね~」

    熊本県警は、時事ネタを使った「交通情報板」のユニークなメッセージで知られている。

  17. 神田うの「ママ友」が「豪華な美人揃い」 有名アラフォー女優やモデルと「ランチ会」

    タレントの神田うのさん(42)が2018年2月22日インスタグラムを更新し、「ママ友」仲間との写真を披露した。

  18. ブルゾンちえみの肩に大杉漣さんが... 「羨ましいくらいにいい写真」を公開し追悼

    お笑い芸人のブルゾンちえみさん(27)が2018年2月22日の朝、インスタグラムを更新。亡くなった俳優の大杉漣さんの写真と共に追悼コメントを投稿した。

  19. e-Sportsはスポーツ?→「問題外だ」 頑な視聴者反応に「日本が後進国な原因」

    かつて「ゲーム大国」の名を独占した日本だが、e-Sports(eスポーツ)普及では乗り遅れ、「後進国」とさえ評されることがある。

  20. 大杉漣さん、急死3日前のブログ更新 引き取ったネコと...

    2018年2月21日に急死した俳優の大杉漣さんは、亡くなる数日前まで、精力的に自身のブログを更新していた。

  21. 大杉漣さん急死にドラマ「バイプレイヤーズ」が追悼 遠藤憲一ら連名で「余りにも突然で...」

    俳優・大杉漣さんが急性心不全のため66歳で急逝したことを受け、テレビ東京で放送中のドラマ「バイプレイヤーズ」が公式サイトでお悔やみの言葉を公表した。

  22. 大杉漣さん66歳の急死に「嘘でしょ?」 「突然すぎて...信じたくない」

    北野武監督の映画に出演するなど、幅広い役柄を演じることで知られた、俳優の大杉漣さんが2018年2月21日3時53分、急性心不全で亡くなった。66歳だった。所属事務所が同日夜、公式サイトで発表した。

  23. フィギュア宮原と坂本に「メダルの可能性を強く感じる」 荒川静香が示した「逆転可能」の根拠

    平昌五輪フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)の後、荒川静香氏は日本の宮原知子選手(19)と坂本花織選手(17)に「メダルの可能性を強く感じています」と述べた。

  24. 韓国スケート選手、「炎上」騒動で涙の謝罪

    平昌冬期五輪・スピードスケート女子団体パシュートの韓国代表のキム・ボルム選手とパク・ジウ選手、ペク・チョルギ監督が2018年2月20日、記者会見を開き、ネット上での騒動について陳謝した。キム選手は「私のインタビューによって多くの人が傷ついたと思う」「心からおわび申し上げたい」と涙を流した。

  25. 泰葉「耐え難いショック」 「自己破産後に実家訪問」の様子明かす

    歌手の泰葉さん(57)が、最新のブログで「家族との離別」を明らかにした。

  26. 次長課長・河本「ライバルは平手ちゃん」 吉本が第3の「坂道」グループ

    「乃木坂46」「欅坂46」に続く第3の「坂道」グループが、吉本興業から発足することになった。事業会社の、よしもとクリエイティブ・エージェンシーが2018年2月21日に発表した。

  27. 「誰だ、上野駅で粗相したのは...」 相次いだツイッター報告をJR東に聞いた

    JR上野駅構内に、「大便」が落ちている――。2018年2月20日夜、こんな報告がツイッターに同時多発的に上がる騒動があった。

  28. 美脚マネキンで「おっさんホイホイ」... 立ち飲み店のアイデアに「イチコロでした」

    のれん越しに店内を覗くと、すらりと伸びた「美脚」がチラリ。艶姿に誘われて店に入った男性を出迎えるのは、セクシーな衣装を身につけた「マネキン」――!?

  29. 小平奈緒&李相花の動画が「可愛すぎる」 「萌が止まらん...」と大反響

    平昌冬期五輪のスピードスケート女子500メートル金メダリスト・小平奈緒選手(31)と銀メダリスト・李相花(イ・サンファ)選手(28)が、インスタグラムのライブ配信機能「インスタライブ」でファンと生中継を結んだ。

  30. 小室哲哉、ツイッターのアカウント削除 ファン「悲しいよ」「そっとしておいてあげて」

    引退を表明した音楽プロデューサーの小室哲哉さんが2018年2月20日夜、突如ツイッターのアカウントを削除した。

  31. AKB田野優花が「意味深」メッセージ 「ここ最近で一番たのしかった」「なんででしょう」

    AKB48の田野優花さん(20)が2018年2月19日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた劇場公演後に出したメッセージが意味深だとファンの間で波紋を広げている。公演の出演が「ここ最近で一番たのしかった」そうで、「なんででしょう」とも。

  32. F16戦闘機、湖上に燃料タンク投棄で飛行停止要請

    青森県三沢市の米軍三沢基地に所属するF16戦闘機が、2018年2月20日、離陸直後にエンジン火災を起こし、飛行場北側にある小川原湖(東北町)へ燃料タンク2基を投棄した。タンクとみられる物体はシジミ漁船から200~400メートルの距離に落下し、漁協は燃料の油が回収されるまでは湖での漁を見合わせることを決めた。蛯名鉱治東北町長は、原因が究明まではF16戦闘機の飛行を停止するよう米軍側に申し入れた。

  33. 敷地外でタバコ吸ったら45分は立入禁止 北陸先端大のルールに「いい取り組み」vs「意味がわからない」

    石川県能美市にある「北陸先端科学技術大学院大学」の全面禁煙ルールがネットで賛否を巻き起こしている。敷地外に出て喫煙した後は、45分間敷地内への立ち入りを禁止する、という徹底ぶりだからだ。

  34. 韓国と北朝鮮で「アジア大会」共同開催? 「大事故」レベルの提案だと批判も

    平昌五輪が「平壌五輪」と揶揄されたのに続いて、2021年に行われる冬季アジア大会を韓国と北朝鮮で共同開催するアイデアが浮上している。これは韓国側から出てきたアイデアで、北朝鮮側も「十分に可能」だと乗り気だ。

  35. 北朝鮮タンカーの「瀬取り」写真公開 防衛省

    政府は2018年2月20日、安保理が北朝鮮に禁止している、船舶が洋上で物資を積み替える「瀬取り」を北朝鮮籍船舶が行っていることを確認したとして、国連安保理に通報し、関係国と情報共有したと発表した。

  36. 日本初のG20は大阪で開催 菅官房長官が発表

    日本で初開催される2019年の20か国・地域(G20)首脳会議の開催地が大阪に決まった。菅義偉官房長官が2018年2月21日の記者会見で発表した。

  37. 世界新連発の日本女子パシュート 他国を凌駕するスーパーテクニックとは

    平昌五輪スピードスケート女子パシュートで、日本は1か月間に3度も世界新記録を更新してきた。

  38. ピコ太郎、ももクロと新曲 「あかん。 脳内リフレインしてる」

    「PPAP」で知られるミュージシャンのピコ太郎とアイドルグループのももいろクローバーZが、「ももピコちゃんZ」として野菜の名前を連呼するコラボ曲「Vegetable(ベジタボー)」を、2018年2月20日にピコ太郎のYouTubeチャンネルで発表した。

  39. 加藤浩次「なんだコイツ」 スケート北朝鮮選手の「接触行為」に反発

    平昌五輪のスピードスケート・ショートトラック男子500メートル予選で、北朝鮮選手の「接触行為」が批判を集めている。

  40. 「8.6秒バズーカー」が「遂に真相を...」 新動画で「あの騒動」振り返る

    「ラッスンゴレライ」のネタで大ブレイクしたお笑いコンビ「8.6秒バズーカー」が、このほど自身の公式YouTubeアカウントに1本の動画を投稿した。

  41. 松井玲奈が「ワクワクドキドキ」体験 原宿で「懐かしいね!」と大興奮

    1999年から2003年にかけて放送されたアニメ「おジャ魔女どれみ」(テレビ朝日系)。当時の少女たちから高い人気を誇った作品で、元SKE48の松井玲奈さん(26)も「おジャ魔女世代」の1人。

  42. 矢口真里が「十代に見える」写真 「四十路までぶりっ子いけます」

    元モーニング娘。でタレントの矢口真里さん(35)が2018年2月19日、自身のインスタグラムに「ぶりっ子」写真を2枚アップした。

  43. 俳人の金子兜太さん死去、98歳 「アベ政治を許さない」揮毫も

    俳句界に新風を吹き込み、90歳を過ぎても現役で活躍し続けた現代俳句協会名誉会長の金子兜太(かねこ・とうた)さんが2018年2月20日、誤嚥性肺炎による急性呼吸促迫症候群のため死去した。98歳だった。各メディアが伝えた。

  44. 首相官邸SNSの五輪メダル祝福、破顔の安倍首相なぜ登場 外国は選手画像が中心

    平昌冬期五輪のメダルラッシュに対する首相官邸SNSの祝福投稿が、インターネット上で賛否を呼んでいる。

  45. 貴乃花と八角、「対立の根源」とは 新著が伝える北の湖亡き後の紛糾理事会

    日馬富士暴行事件でクローズアップされた、日本相撲協会の八角親方貴乃花親方の「対立構図」。その影にはある人物がいた――。そんな内容を伝える書籍『貴の乱 日馬富士暴行事件の真相と日本相撲協会の「権力闘争」』が宝島社から2018年2月22日に刊行される。

  46. ふかわりょう、自身の「半同棲」記事について語る 「撮影一切気づかず」「3流タレントですよ」

    女性自身(3月6日号)で「モデル風美女」との半同棲を報じられたタレントのふかわりょうさん(43)が、2018年2月20日に放送されたTOKYO MX「5時に夢中!」で、自らの記事の内容について解説を行った。

  47. 「永遠の20歳」浜田ブリトニー、38歳だった 「妊娠よりも年齢にびっくり」

    漫画家・タレントなどとして活動する浜田ブリトニーさんが2018年2月20日、妊娠を発表したことに二重の驚きが広がっている。

  48. カーリング女子日本のおやつタイムが「かわいすぎ」 試合途中の映像に釘付けになる人続出

    「カーリングのおやつタイムで癒される」「おやつタイム中継されるカーリング女子、かわいすぎだろ」――

  49. 「ドコモユーザー喜べ!」ついに「マック」無料クーポン配布 「25歳以下」限定に落胆の声も

    NTTドコモは2018年2月19日、25歳以下のスマホ利用者に毎月無料で提携企業の商品を提供するキャンペーン「ハピチャン」を開始すると発表した。3月はマクドナルドの「グランベーコンチーズ」1個、4月はローソンの「プレミアムロールケーキ」2個だという。

  50. NBC解説者発言には「重要な真実」 米フォーチュン誌コラムに韓国メディア反発

    平昌五輪の開会式中継で米NBCテレビの解説者が、日本が朝鮮半島で行った植民地統治について「韓国の重要なお手本」などと述べて批判を受けた問題が、韓国メディアで蒸し返されている。

  51. 西宮市長が「退任願」提出 退職金減額条例案は見送りへ

    兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)は2018年2月19日、田中正剛・市議会議長に市長職の退任願を提出した。市議会は20日の定例本会議で退任願に同意し、今村氏の同日付の辞職が確定した。今村氏は体調不良を理由に、議場に姿を見せなかった。

  52. 「大物発言」続きの男子フィギュア・宇野昌磨、今度はゲーマー勇気づけ 「課金は負けではない」

    「メダルに触りたい人は誰でも触ればいい」などの「大物ぶり」「天然ぶり」で一躍名をはせた平昌冬季五輪・男子フィギュアスケートの銀メダリスト、宇野昌磨選手(20)の素顔を、弟でモデルの宇野樹さん(16)がテレビで語った。

  53. 居酒屋の時間制に不満爆発 セラピスト男性、店員を「ミジンコよりバカ」と罵倒

    「心身調律セラピスト」の肩書で活動する男性(39)が、居酒屋のスタッフを「ミジンコよりバカ」「マニュアルに従ってるだけの生き物」などとブログ上で非難したことが、インターネット上で注目を集めている。

  54. 平昌五輪カーリング、大会中に石削りはありか? 日本協会は「初耳」「ゲーム面白くするため?」

    平昌五輪のカーリングで、大会途中に「ストーン(石)の研磨」が行われたとして、選手たちからは「バタバタしてしまった」などと対応に苦しんだ言葉が出た。

  55. 警官の職務質問は断れないのか? 任意のはずなのに...「現場」経験した弁護士に聞いた

    大阪市内で職務質問中にナイフを持って抵抗した男に警察官が発砲し、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。25歳の容疑者は「任意だったので職務質問を断った」などと供述しているという(テレビ朝日ネット版)。

↑ PAGE TOP